ワールドメイトは自由なスタイルの神道系の宗教団体

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

ワールドメイトとは?

考える

ワールドメイトは神道系の宗教であり、リーダーは深見東州がつとめています。創設されたのは1984年であり、最初はコスモコアという別の名前でした。そのあとにコスモメイトやパワフルコスモメイトという名前に変更されて、最終的にはワールドメイトという現在の名将が定着しました。2012年には宗教法人として認められました。

静岡県の伊豆の国市に本部があります。スローガンとして弱者救済のための慈悲慈愛の実行や人道的見地からの会社や社員への対応、社会良識に基づいた誠実な対応を掲げています。これらを基本としながら組織運営を行っているのです。

来るもの拒まず去る者追わずの精神で運営されていて、会員になったとしても布教をする義務はないです。神事をしたり、講演会に出席することを強制されることもありません。情報源は自由に選択することができて、ウェブサイトや電話、メルマガ、書籍からカセットやビデオまで幅広いものが用意されています。組織に対する忠誠心が求められているわけではないのです。会員本人の意志を尊重しており、常に自分の意志を優先して行動しても構わないのです。そのため、自由に入会することができて、また自由に退会することも可能です。

コスモコアからワールドメイトへ

座禅

ワールドメイトのリーダーである深見の母は世界救済教を信仰していました。そのため、昔から宗教を身近に感じながら育っていました。のちに大本へと転向することになり、深見自身は社会人の時に根本宏に師事することになります。さらには植松愛子にも出会いました。そして、神道や禅、中国哲学について真剣に勉強をするようになり、1984年からはコスモコアを設立して活動を始めました。

翌年に本を出版してから会員の数が増加しました。1988年には皇大神御社を建立してこちらを総本部としました。そのあと1994年にはワールドメイトに改称されました。団体名を改称したのは、そうすることによって組織も生まれ変わると考えているからです。

そして、2012年には文部科学大臣の所轄による宗教法人となりました。日本には183もの支部があり、アメリカやイギリスをはじめとして海外にも支部が存在しています。ワールドメイトは社会活動を重視しており、カンボジアに小学校を建設したり、イギリスで慈善活動をしたり、東日本大震災の際にも支援活動を行っています。毎年、サンタクロースに扮した会員が養護施設の子供達にクリスマスプレゼントを渡すという活動もしています。このようなワールドメイトによる活動は高く評価されています。

ユーモアたっぷりな宗教

ユーモア

ワールドメイトは教義として実在の神を掌握して、神を行じて、神人合一を目指すことを定めています。そのために普段の生活の中では御魂磨きを送ることを重要視しています。神人合一することによって、信仰心や愛念、秩序、調和、平和の心の備わった存在になれるとしています。他宗教との関係性については、基本的にそれぞれが棲み分けをして共存共栄していくとしており、一つの宗教に統一させられるものではないと考えられています。

このような内容の宗教となっているのですが、けっして堅苦しいものではありません。たとえば本部や支部名はすべてギャグ混じりのものとなっています。このようなことをする理由は、ユーモアのセンスは世界的にも重視されているためです。また、神道というのは元来楽しい宗教であると認識しており、特に祭りが大きな意味を持っていると考えています。

さらには、日本では宗教に対して暗いイメージを抱いている人が多いため、そのような人の偏見へのアンチテーゼの意味も込めています。その結果として、会員の中にはギャグやユーモアを好んでいる人が多い傾向にあります。従来の宗教団体とは異なり、団体の提供する情報を得てさえもらえばそれで良いという考え方となっており、とても自由なスタンスとなっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です