ウェスレアン・ホーリネス教団について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

ウェスレアン・ホーリネス教団は、一人の日本人宗教家とアメリカ人宣教師によって日本で明治時代に設立されました。
この教団はホーリネス運動というキリスト教の一運動の影響を受けており、これまでも様々な紆余曲折を経てきた歴史を持ちます。プロテスタントであるウェスレアン・ホーリネス教団は、日本のプロテスタント系団体にも加盟しており、日本で活動するキリスト教教団の中でもポピュラーな存在となっているのです。

設立以来この教団は、宗教教団の例に漏れず政府による圧力などの受難の時期もくぐりぬけてきました。東京にはこの教団の代表的な教会があり、数々の歴史的出来事の舞台ともなってきたのです。
この教会は現在でも広く活動を行っており、プロテスタント教会の中でも規模の大きさで知られています。チャペルの内装もリニューアルされ、電子オルガンなど音響設備の整った快適な環境の中で信仰に励める状況となっているのです。毎週定期的な礼拝が行なわれ、プロテスタント教会らしい規則正しい活動が行なわれているのも大きな特徴と言えます。
この教会の理念としている神の愛を現実の活動で実践しているのが、このウェスレアン・ホーリネス教団の教会なのです。

教義中でも最も重要なもの

ウェスレアン・ホーリネス教団の教義中でも最も重要なものとして挙げられているのが、心の清らかさ純粋さです。これは神への愛と共にウェスレアン・ホーリネス教団では信仰の基本として非常に重要視されています。
聖書の言葉に重きをおき、生活の中で実際に実践することを理想としている点もこの教団の大きな特徴です。この教団はプロテスタントの中でも規律正しい生活を特に重んじる傾向があり、秩序や几帳面さを一つの美徳として捉えています。罪を始めすべてを清めるということが重視されている訳です。

こういったキリスト教の罪と清めの考え方は、一般的な日本人にとっては中々分かりにくいものがありますが、キリスト教の歴史や解釈を紐解くとある程度のイメージは持つことが出来ます。この教団の教会の活動においてもこういった教義がベースになっており、神の愛を実践するために大きな共同体を作り交流を広げていくことを目指しているのです。この教団の活動のコンセプトを端的に知るためには、隣人への愛を説いた聖書のフレーズが役立ちます。キリストが私達人間を愛したように、お互いに愛し合うことが重要視されているのが、この教団の大きなコンセプトなのです。

教会の中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です