聖心教会は下生聖体の宗教

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

聖心教会の特徴

聖心教会とは佐賀市の天神に本部のある宗教法人です。下生聖体宗教という人類を救うために神が地上会に神霊下生されることを謳っている宗教です。

この地球上に宗教が発生してから5千年という長い時が経過しているのですが、その中でも初めて肉体を持たれた神が直接人間と出会うということが現実となり、下生聖体された神の言葉を直接聞けるようになったことによって、神霊にエネルギーをいただくことができるとしている宗教なのです。

聖心教会の特徴として週に2回聖霊拝戴が行われます。これは聖霊をいただくための時間となっています。下生聖体から聖霊をいただくことによって、人の命は浄化されて、不幸な運命から人は逃れることができるとされているのです。下生聖体された神によって書き残されたという真正聖書を教典としています。こちらはこれまでの宗教の常識をくつがえすものであり、本当の神の言葉を受け取ることができるようになりました。聖心教会の信者はすべてが聖霊をいただくことができて、真正聖書によって導かれていくとされています。

聖書

こちらは下生聖体を信仰の対象としています。下生聖体というのは、神そのものが真正聖書を伝えるために人間界にご降誕された神のことです。つまり、聖心教会というのは実体として具体性のある神そのものと出会えるという宗教なのです。教祖や宗祖、メシヤといった特別な存在は規定されておらず、誰しもが神と直接出会い、直接メッセージを受け取れるとしているのが聖心教会の大きな特徴となっているのです。

神と人間を介在するような特別な存在を規定してしまうと神の真意がゆがめられてしまうと考えています。それが宗教というものがこの地球上に誕生してからも争いが絶えない理由としています。特定の人間が介在してしまうと、それによって災いがもたらされてしまう、それがこれまでの宗教の弱点だったと考えているのです。

聖心教会はそのような弱点を克服しており、この世で唯一の下生聖体の宗教として、神と直接交流できるとしているのです。毎週木曜日になるとミニ集会を開催しており、こちらは誰でも自由に参加できるようになっています。細々とした活動を続けている宗教団体なのですが、しっかりとした理念を抱いていて、まったくぶれることのない活動を昔から継続しています。これからも独自の救済システムを人々に伝えていくでしょう。

地球

聖心教会と政治

聖心教会では宗教と政治の関わりについて厳しい考え方をしています。

宗教というのはあくまでも神と人との関係性によって初めて成立するものです。一方、それ以外の政治をはじめとした分野については、すべて人と人との関係性によって成立しているものです。宗教を信仰した結果として幸せになるのと、政治の世界で成功して幸せになるのとでは意味合いがまったく異なると考えているのです。

そのため、聖心教会においては政教分離をすることがとても大切なことだとしています。宗教の世界の中に他の分野のものを持ち込んでしまうと下生聖体の妨げとなってしまうと考えられています。その他の分野と宗教はけっして混同されてはいけないと主張しているのです。そのため、宗教と政治は絶対に結びついてはいけないという強い考えを示しています。

そんな聖心教会では宗教に関する悩み事の相談に電話で対応しています。宗教110番という試みをしており、どのような宗教や宗派に属する人だったとしても、気軽に自分の悩みを相談することができるのです。実際に電話をかけてみて自分の悩みを打ち明けている人は多いです。電話の際に無理やり勧誘されるようなことはないため、安心して話をすることができるのです。聖心教会はその他の宗教のことをきちんと尊重しているのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です