イエス福音教団について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

イエス福音教団は、キリスト教の一宗派です。日本では戦後アメリカから宣教師が来日し、布教活動が行なわれその後正式にイエス福音教団として活動をスタートさせました。

この教団はキリスト教の中では新派であるプロテスタントに分類されるため、牧師と呼ばれる役職が存在します。教団の代表は、代々同族間で受け継がれてきた歴史を持ち、これまでの間には様々な宗教運動や内部抗争によるトラブルにも立ち会ってきました。現在では組織自体もかなりの規模になり、日本ではプロテスタントの代表的なキリスト教同盟に加盟しています。同じ同盟の系列下には学校法人の経営や出版活動などを行う団体もあり、布教や活動の領域は広がっていると言えます。

ミサ

イエス福音教団では、現在数ヵ所に信者達が集う教会を設けており、定期的にミサなどが実施されています。内部抗争などによって当初よりも教会の数は減ったものの、現在でも愛知や静岡といった地方での活動も行なわれているのです。何かと話題になることもあり、日本のキリスト教系の宗教団体の中では比較的知名度がある方です。キリスト教の宗派は、かなり複雑な組織に分かれているため、信仰のない方には特に分かりにくいと言えます。

トラブル

イエス福音教団では、これまでいくつかの宗派上のトラブルを経験していますが、こういった教義や主義に関するいさかいは、歴史を紐解いても決して珍しいものではありませんでした。プロテスタントがカトリックから分離した際にも、歴史上様々な争いが起こっています。教義や聖書の解釈、信仰のスタイルなど、分かりやすい面からもこういった宗派の違いはある程度窺い知ることが出来るのです。

特徴

例えば、プロテスタントの場合には、カトリックに比べて簡素なスタイルでの礼拝を行うという特徴があります。聖書に書かれている内容に重きをおく傾向があることも特徴的な点です。イエス福音教団の場合にも、プロテスタント系の教会ならではのシンプルなスタイルの教会が多く見られ、日本のプロテスタント系教団としては一般的な活動を行っているのです。

この教団は、かつてクリスチャン向けの新聞でも話題になったことがあり、信者の間では未だに記憶に残ることも多いと言えます。日本でもクリスチャンとして洗礼を受ける方が見られる昨今、この教団の存在を知る人も実際増えているのです。広い組織の中で独自の活動を行っているのが、このプロテスタント系教団の特徴と言えるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です