インドの伝統的宗教ヒンドゥー教

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

ヒンドゥー教とはどんな宗教なのか

ヒンドゥー教

ヒンドゥー教の概要

ヒンドゥー教という宗教は、仏教やキリスト教、イスラム教と並んで知名度の高い宗教です。ヒンドゥー教はインドやネパールで多数派を占めている宗教の一つで、インドの伝統的宗教と言っても過言ではありません。キリスト教、イスラム教に次いで世界で三番目の規模を誇る宗教でもあります。

ヒンドゥーという言葉は、ペルシア語でインダス川の対岸に住む人々という意味があり西欧に伝わったのちにインドでも定着し呼ばれるようになりました。古くから伝わるバラモン教が民間の宗教と同化してヒンドゥー教になったとも言われています。

インド国内においては約8億人以上、世界中の信徒だと約9億人を超えると言われていますからその規模の大きさが窺えます。さまざまな呼び方をされることがあり、ヒンドゥーと呼ばれることもあればヒンズー、インド教などと呼称されることもあります。

イスラムとは違い複数の聖地が存在し、特にガンジス川沿いにはガンゴートリやバドリーナート、アラーハーバードなどが、また、四大巡礼地としてプリー、ドワールーカー、ラーメーシュワラムといった聖地があります。インドネシアのジャワ島やカンボジアにもヒンドゥーに関連する遺跡があります。ホーリー祭やガネーシャ祭といった祭礼も豊富です。

ヒンドゥー教の歴史

ヒンドゥー教は特定の開祖が存在するわけではありません。キリスト教だとイエスキリストが、仏教だと仏陀がとそれぞれの宗教には通常開祖と呼ばれる人物が存在しますが、ヒンドゥー教に関してはその限りではないのです。インダス文明時代からインドやその周辺で生活する人々のあいだで自然と信仰が受け継がれていき、それが時代によって変化していったと言われています。こうした経緯から、ヒンドゥーがいつどのようにして始まったかというのは未だに分かっていません。

インダス文明時代に出土した遺跡の中からシヴァ神に関わるものがあったものの文字が解読できないため前後の繋がりが分からないと言われています。バラモン教がインドで拡大した時代もあったものの、紀元後四世紀以降はヒンドゥーが隆盛を極めるようになります。

現代におけるヒンドゥーですが、地域によって信仰形態が異なることがあります。また、インドは世界に類を見ない多言語国家でありさまざまな言語を使用する人々から信仰を集めています。アジア地域でも現在ではヒンドゥーの教えに帰依しようとする信徒も増えていますが、日本では世界宗教ではなく民族宗教として位置づけており、世界三大宗教には仏教を入れています。

ヒンドゥー教の特徴

ヒンドゥー教が他の宗教と大きく異なるところは、信仰する神が一つではないということでしょう。キリスト教ならイエスキリストを聖なる神として讃えていますが、ヒンドゥーは多神教ですから信徒によって信じる神は異なってきます。

代表的な神だと、ヴィシュヌ神やラーマ、クリシュナ、シヴァ、ラクシュミー、パールヴァーティー、インドラ、ガネーシャなどが挙げられます。シヴァ神の化身と言われるマハーカーラはチベット仏教などでも信仰されていますし、北伝仏教では大黒天として信仰されています。このように、ヒンドゥーの神々は日本の仏教にも影響を与えているということが理解できます。

菜食主義を一貫しているのもヒンドゥーの特徴と言えるでしょう。不殺生を旨としていますし、肉食を禁忌とし菜食主義を貫いている方がほとんどです。宗教儀式などで獣肉を差し出すことはありますが、特に牛などの肉を口にすることはまずありません。

これには同宗教の聖牛崇拝という考え方も大きく影響しており、この宗教において牛は崇拝の対象となっているのです。また、ヒンドゥーで修行の一環として取り入れられているのがヨーガです。近年では日本にも数多くのヨガ教室が誕生していますが、もともとはヒンドゥーの修行法の一つです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です