カルバリキリスト教団はプロテスタント系

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

カルバリキリスト教団はプロテスタント系列の教団です。キリスト教には大きく分けてカトリックとプロテスタントの二つに分かれます。この辺りの事はかつての小学校や中学校で学んだ事を思い出して頂けると何となく感覚的には分かってくるのではないでしょうか。一般的には旧約聖書を使うのはカトリック、新約聖書を使うのがプロテスタントと言われてもいますのでせいぜいがこの程度の差であると考えておいても良いでしょう。
さて、カルバリキリスト教団は日本にも各地にその教会があります。各々が各地域においての大切な役割をはたしているのですがやはり代表的なものとなると東京という事になるのは無いでしょうか。
カルバリキリスト教団は日本全体のキリスト球の団体によって構成されている日本基督教団に所属しています。その中の東京教区東支区にカルバリキリスト教団もあります。この日本基督教団に所属している教会は、日本全国に約1700もあるのです。
都道府県が全部で47ですから如何に細かくそのネットが形成されているかが分かるでしょう。

東京においては、1977年頃に家庭集会規模のものがあった事がその始まりでした。そして、約2年に月日をかけて1979年に東京カルバリ教会が設立されたのです。そのころはまだ設立したばかりであり本当に何も無い状態からのスタートでした。豊島区の公営施設を借りて集会を行いひとりまた、ひとりと人数を増やして行ったのです。その後にも続けの活動を行いその結果が少しずつみのり、2007年に現在の荒川区荒川へと活動の拠点を設ける事ができるようになったのです。

ミサ

教会といえばもっとも知られている活動がミサです。毎週、日曜には多くの方が礼拝に訪れています。10名前後の時もありますが時には30名を超えることだって珍しくはありません。生まれたばかりの赤ちゃんも100歳に手が届くご高齢者の方がたも皆さんがこの礼拝を楽しみにして来て下さっているのです。活動は関東に限ったものではありません。

関西の大阪と三重に近しい関係の教会があります。大阪には兄弟教会の大阪のぞみ教会がありますし、三重には規模が小さくなりますが姉妹関係の三重集会があります。年に一度だけですが合同での活動を行う事もあり活動の輪は全国レベルへと近づきつつあるのです。カルバリキリスト教団はこのようにしっかりと足を大地につけて一歩一歩を確実に進んでいるのです。これまでもそうであったように、これからもずっとそうして行くのです。

聖書と教会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です